2012年01月29日

バイクの運転の仕方

バイクの運転の仕方はキチンとして、愛車を大事に乗りましょう。

まず始めはキーを差込みエンジンをかけて暖気運転をしましょう。
そのときにエンジン音に以上がないかを確かめてください。

エンジンをかけてすぐの時はかなり高回転でまわることがありますが
やがて通常レベルにもどりますので、バイクを走行する場合はそれくらいが
丁度よいとも思います。

時間にして、5分程度もあればよいでしょう。


エンジンが温まり、バイクにまたがったら、サイドやセンタースタンドを
はずし、ゆっくりと右手アクセルをまわしましょう。


そうすれば、バイクのエンジンが駆動しますので、ゆっくり走行してください。
バランスを保ちながら、アクセルを回していけば、加速していきます。

一般道路を走行するときは、一時停止や赤信号など交通ルールを守りましょう。
コーナーリングなど先の見えない場所は慎重にミラーなどを確認し、目視もして
いきましょう。


バイクを走行中、一時停止するときは、基本は左足を道路に置いてください。右足を
置くと、通行する車の邪魔になる場合もあります。


その他、オートマやミッションなどでも操作方法の違いはありますが
二輪車ですので、転倒や接触事故には充分注意して、夏でも長袖など
厚めの服が好ましいでしょう。

女性バイクライダー編


人気のビッグスクーターに乗ろう










ラベル:バイク運転 仕方
posted by バイク購入初心者ナビ人気のストリート、ビッグスクーター at 02:42| バイクに乗ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。